傘寿祝いのプレゼントに黄色の物が選ばれる理由

傘

傘寿とは80歳を迎えたお祝いのことで、60歳の還暦をはじめ、70歳の古希、77歳の喜寿など日本には古来からさまざまな祝いの日があります。

言葉ができた当時は50歳が平均寿命と言われている頃で、60歳というのは迎えるのがめでたいものと考えられ、77歳になると奇跡にも近いと考えられていました。

それが現在では誰でも寿命が延びて、60歳は男女どちらも当たり前に迎えるようになっていますし、80歳も特に珍しくはありません。

それでも80歳を迎えて元気に日常生活を送れているのはめでたく、祝える状態にあるというのは嬉しいものです。

傘寿というのは実は由来が良く分かっておらず、説としては傘をという文字を略字で書いた時に八十に見える、傘を広げた時に末広がりに例えられたなど、いくつか説があります。

詳しくは不明ですが、傘という文字を使っていることでプレゼントに選ばれることが多く、この時にポイントを知っておくと選びやすくなるはずです。

プリザーブドフラワー

傘寿のプレゼントに求められることが多い傘ですが、色は黄色が多くなっています。

他にも財布やハンカチ・ストールといった定番アイテムも、色は黄色であることが多いです。

理由は昔から縁起の良い色だと言われていて、日本人の主食である稲穂を表現している、金色に通じる、こういった事情から選ばれています。

さらにイメージが明るく開放的であり、最近は風水で金運を意味することも関連していると言われており、複数の理由が存在しているので魅力が高いです。

80歳という節目の年であり、プレゼントを贈るなら縁起を考えた方が良いと思うのは自然な気持ちとなります。

他にも高貴な色として紫が選ばれることもありますが、色の印象で考えると暗いよりも明るい方が良く、黄色が選ばれるようになりました。

贈り物にはさまざまなものがあり、一般的なものでは黄色のちゃんちゃんこというものがありますが、最近は実用性がないということであまり選ばれなくなってきています。

黄色の財布

最近の傾向は花、それもプリザーブドフラワーや傘・お酒・財布や扇子といったものも人気です。

注意点もあり女性に贈る場合、櫛は苦しむにつながり、お茶は葬儀関係の返礼品として利用されることが多いので、縁起が悪いと言われています。

80歳を迎えた祝いにプレゼントを贈るので、縁起の良いものを考えるのが良く、これから先も末永く元気で暮らしてくれるように考えて選びたいものです。

傘寿の名前のもとになっている「傘」も人気がありプレゼントの需要が高く、鮮やかな黄色は憂鬱な雨の日を吹き飛ばしてくれるのでおすすめになります。

長傘だけではなく折り畳みも使い勝手が良く、贈り物として選択肢に入れるのも悪くはありません。

傘が使えるというのは元気に出歩けるということで、傘寿を迎えてますます健康でいてほしい、そういった願いを含めることもできます。

贈り物を選ぶ時には、使い勝手だけではなく縁起を考えるのも重要です。