退職祝いに喜ばれる手紙の書き方・例文

手紙を書く

退職祝いで手紙を渡そうと考えている方も多くいるかもしれません。

一般的に何か言葉を贈りたい場合には、手紙だけではなくプレゼントに添えて渡します。

そのため書く内容だけではなく、どのようなプレゼントを渡すのかという点についても合わせて考えていくようにしましょう。

また今までの感謝の気持ちなどを文章にする場合には、字が下手なのでパソコンで書いて印刷したものにしたいと思う方も多くいます。

ですが気持ちの伝わりやすさで考えると、印刷したものよりも手書きのほうが向いています。

字の上手い下手は関係ないので、自分の気持ちが伝えられるようにすることが大切です。

手書きのメッセージを渡したくても、どうしても退職の前後で直接会えないということもあるかもしれません。

そのような場合には、郵送でメッセージを届けるかメールを利用しましょう。郵送するなら、退職祝いのプレゼントにメッセージを添えることも可能です。

内容は?

では実際に文章を書く場合には、どのような内容を盛り込めばいいのでしょうか。

基本的な内容としては、その方にとっての人生の節目を祝うことになります。そのため「退職おめでとうございます」のような文章を書くのが一般的です。

また手紙の内容は、メッセージを送る相手との関係性によっても変わってきます。

退職理由によっても書くべき内容に違いがあるため、相手との関係や状況を整理したうえでどのようなメッセージにするのか決めるようにしましょう。

例えば退職するのだから「ご苦労様」のような一言を書けばいいと考えている方もいます。

ですが「ご苦労様」は、目上の方から部下に対する言葉なので上司へのメッセージだと失礼に当たります。

このような点も踏まえたうえで、書く内容を考えていくようにしましょう。

例えば上司や先輩への手紙であれば、お祝いの言葉に加えて今までの感謝の言葉を書くことも大切です。

入社当時に指導してもらったりフォローしてもらったりした経験があれば、その時の感謝の気持ちをそのまま書くことも忘れてはいけません。

最後に「退職後のご活躍をお祈りいたします」のような一言を添えることも可能です。

一方で同じ会社で働く方ではなく、夫やお父さんなど家族へ退職祝いの手紙を書く方も多くいます。

家族へのメッセージであれば、仕事のねぎらいだけではなく家族を支えてくれたことへのメッセージを書くようにしましょう。

時間

また退職した後は、自分の時間を優先してほしいというような今後の展望に関する内容に触れるのも1つの手です。

退職祝いの手紙といっても、それぞれの状況に応じて書くべき内容には違いが見られます。

関係性や相手への思いを考えて、どのような内容にするか決めるようにしましょう。

また例文を参考にすることもできますが、自分の言葉で書くことも忘れてはいけません。

例文通りのメッセージではなく、自分の言葉で思いを伝えたほうが退職祝いとして喜ばれる可能性が高くなります。