退職祝い!どんなお菓子なら喜ばれるの?

ビル

職場の先輩や上司や退職となったとき、お世話になったお礼に退職祝いを贈るのが通例となっています。

基本的にはそれほど高額のものを贈ることは一般的でないため、ちょっとしたアクセサリーやインテリア、花や文房具などが主流となっているでしょう。

そんなときおすすめしたいのが誰にでも喜ばれるジャンルであるお菓子で、もらったほうも形が残らないだけに気軽に受け取れるのがメリットです。

とはいえお菓子なら何でも大丈夫かというとそうでもないため、どんなものを贈るかには気を使う必要があるでしょう。

まず、退職ということは例外はあるものの対象となるのは60代~70代前後の方なのであまりに固いせんべいやビスコッティ、かりんとうなどは避けたほうが賢明です。

歯や口内を痛めてしまうと何がお祝いなのかわからないですし、そもそも高齢の方は口にしない可能性もあります。

生クリームなどがふんだんに使われたお菓子も一般受けはしないためやめておきましょう。

生クリームのせいで日持ちがしませんし、脂っこくしつこいと胃腸の弱った高齢者には重たいものです。

冷蔵保存などしても場所をとってしまうためやはりちょっと迷惑になります。

クラッカー

まずは退職する方が甘いものを食べるかどうか確認したうえで、もし甘いものが苦手ならば小さめのクラッカーやチーズスナック、炭酸せんべいのような軽い食感のおつまみになるようなものを贈るのがおすすめです。

クラッカーはとくにディップを付けたり上にいろいろのせてオードブルにするなどつぶしがききますので、どういった場面でも使えて便利な品と言えます。

スナック菓子も、安っぽいものではなく老舗のお菓子屋や高級スーパー、輸入食品のお店に行くと珍しくて高級なものが売っています。

ギフトとしても恥ずかしくないレベルですので気軽につまんでもらえるという点でかなり喜ばれるでしょう。

いっぽうで甘いものが大丈夫、むしろ好きだという方なら選択肢はかなり広がってきます。

固いものや生ものを避けたとしても、チョコレートは定番ですし洋酒入りやフルーツ入りでビターなもの、乳酸菌入りなど大人向け・健康志向の方を狙った商品がありますので選んでいても楽しくなってしまうほどです。

飴

見た目を重視するなら、老舗の飴屋さんが出しているカラフルな飴の詰め合わせも素敵な贈り物になります。

見た目の美しさから外国人に大人気な、SNS映えする見かけは女性にとくに喜ばれるでしょう。

すこし変わったところでは、お菓子を作るキットを贈るというのも手です。

退職すれば時間はあるもので、もともとお料理をやったりする人ならお菓子作りは楽しい趣味になるはずですのでマフィンやマドレーヌ、シフォンケーキなど直接送るのでなく材料キットをお祝いにすれば日持ちもして楽しみにもなるので珍しがってくれるでしょう。

いずれにせよ、贈られる側のことをきちんと考えて品物を選ぶということが何より大切になると言えます。