70歳のお祝いのプレゼントに贈って良い花と悪い花

紫の花

古希は70歳のお祝いをする日本の伝統行事です。

中国の詩人である杜甫の詩句「人生七十古来稀なり」に由来するとされていますが、現代では70歳では気力も体力もある人は珍しくなくなっています。

還暦などの長寿を祝う行事では、縁起の良い色というものがあります。

70歳のお祝いである古希のテーマカラーは何色なのでしょうか。

 

古希のテーマカラーは?

古希の色

 

古希のお祝いだと縁起の良い色は紫色となっています。この色は位の高い人を表す色であり、気品と高貴な色であるとされています。

そのため、プレゼントをするときには紫色のアイテムを贈ることがオススメです。

プレゼントは様々なものがありますが、定番なものとしては花束など花を贈ることが多いです。

しかし、花にも様々なものがあり中には送って良い花と、送ってはいけない花もあるため注意が必要となります。

では、

 

花を選ぶ際、色の組み合わせに注意!

プリザーブドフラワー

 

特に注意したいのが、花の種類ではなく色の組み合わせです。

青色と白色、紫色と白色などのお葬式などの不祝儀の時に使われやすい色をしたフラワーアレンジメントは避けるようにしていきます。

 

輪菊や小菊、花首は縁起が悪い

 

ツバキ

また、仏花としてよく使われる輪菊や小菊、花首が落ちることから縁起が悪いとされている椿などは避けることが無難です。

ただし、白く仏花としても使われることの多い百合の花は年配の人に好まれることも多いため、贈っても問題はないとされています。

入院中は縁起が悪いとされる鉢植えも、健康で花の世話をするのが好きという人に贈っても失礼にはならないです。

 

送っても良い花とは?

花

 

送っても良い花としては、まず色の組み合わせとして紫色一色だけではなく朱赤や濃紫、濃黄色などの縁起の良い花の色や、オレンジやピンクなどの明るく華やかな花色を入れるようにすることが大切です。

送っても良い花には様々なものがありますが、特にオススメなのがバラです。

 

バラはおすすめ

バラ

 

紫色のバラは珍しいということもありますが、花言葉に「尊敬」という意味合いがあるため古希祝いにオススメな花といえます。

トルコキキョウも淡く優しい色合いだったり、深い濃い青みの強いものなど様々な色合いが楽しめます。

また、一年中安定して手にいいれることができ、花の形や大きさも様々な種類があります。

花弁が幾重にも重なるトルコキキョウは華やかで、一重のトルコキキョウは楚々とした気品があることから、贈る相手の好みによって選べます。

花言葉も「希望」というのも嬉しいポイントです。

 

ダリアもおすすめ

 

ダリア

一輪でも存在感があるのがダリアです。ダリアは種類や色、形などが豊富で色々な品種を楽しむことができます。

切り花でも存在感のある花ですが、ガーデニングが好きな人には鉢物として贈るのもオススメとなります。

花には色々なものがありますが、手入れが面倒くさい、枯れてしまうのが嫌という人も多いと思います。

そんな人にオススメなのが、花を長く楽しむことのできるプリザーブドフラワーです。

 

プリザーブドフラワーが人気!

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは特殊な液体を生花につけてかれないように加工した花になります。

色鮮やかで器や壁掛け、フォトフレームなど様々なアレンジを楽しむことが可能となっています。

長期間の保存が可能で、手入れの必要もないという一石二鳥の優れ物。

しかもカラーバリエーションも豊富なので、古希祝いのカラーである紫色の花も豊富にあるので、選択肢が少なくて困るということはあり得ないでしょう。

 

おすすめの関連記事→古希祝いのプレゼントとして送って良い花と送ってはいけない花

 

まとめ

プリザーブドフラワー

 

以上、古希祝いの贈って良い花、贈ってはいけない花を紹介しました。

プレゼントの一つとして花を贈ることは定番ではありますが、とはいえ花でないといけないという決まりもなく、それ以外のプレゼントがあればそちらを贈るという選択肢もアリです。

せっかくのお祝いの贈り物なので、幅広い選択肢の中からプレゼントを選んでみてください!

 

また、時間がある方、余裕がある方は食事会や旅行を企画し、そこでサプライズプレゼントとして渡してみるのもおすすめです。

普通に渡すだけでは物足りないこともありますし、何よりもプレゼントを渡すことを演出することによって大いに喜んでもらえることでしょう。

旅行先でも思い出というプレゼントをし、そして形に残る花をプレゼントしてみましょう。

関連記事:父と母の88歳のお祝いに思い出に残る旅行をプレゼント